にかどくログ

読書中毒のサラリーマン。木・金曜日のどちらかに記事を投稿していきます。

大どんでん返し! ~アガサ・クリスティー著『ゴルフ場殺人事件』読了~

にかどくです。

 

今回は『ゴルフ場殺人事件』を読了したので、こちらの感想を書いていきます。

本作は名探偵ポアロシリーズの2作目です。

 

ゴルフ場殺人事件 ポアロシリーズ (クリスティー文庫)

 

 

著者紹介

本作の著者はアガサ・クリスティーです。

1890年、保養地として有名なイギリスのデヴォン州トーキーに生まれる。

中産階級の家庭に育つが、のちに一家の経済状況は悪化してしまい、やがてお金のかからない読書に熱中するようになる。

特にコナン・ドイルシャーロック・ホームズものを読んでミステリに夢中になる。

1914年に24歳でイギリス航空隊のアーチボルド・クリスティーと結婚し、1920年には長篇『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。

1926年には謎の失踪を遂げる。

様々な憶測が飛び交うが、10日後に発見された。

1928年にアーチボルドと離婚し、1930年に考古学者のマックス・マロ―ワンに出会い、嵐のようなロマンスののち結婚した。

1976年に亡くなるまで、長篇、短篇、戯曲など、その作品群は100以上にのぼる。

現在も全世界の読者に愛読されており、その功績をたたえて大英帝国勲章が授与されている。

引用元:アガサ・クリスティー著『ゴルフ場殺人事件』(2011年/早川書房/カバー袖)

 

あらすじ

南米の富豪ルノーが滞在中のフランスで無惨に刺殺された。

事件発生前にルノーからの手紙を受け取っていながら悲劇を防げなかったポアロは、プライドをかけて真相解明に挑む。

一方パリ警視庁からは名刑事ジローが乗り込んできた。

たがいを意識し推理の火花を散らす二人だったが、事態は意外な方向に‥‥‥新訳決定版

引用元:

アガサ・クリスティー著『ゴルフ場殺人事件』(2011年/早川書房/裏表紙)

 

登場人物

エルキュール・ポアロ

ベルギーから亡命してきた私立探偵。

ルノーから手紙を受け取ってフランスに行ったが、ルノーは既に殺害されており、現地警察と共に捜査を始める。

身だしなみに神経質である。

 

ヘイスティングズ

ポアロの友人。ポアロと行動を共にするが、シンデレラと名乗る女性と出会い、事件現場を見せて欲しいと懇願されたため案内するが、凶器として使われたナイフを何者かに盗まれてしまうという失態を犯した。

 

・ポール・ルノー

ジュヌヴィエーヴ荘の主人。南米で有名な大富豪。

ポアロに助けを求める手紙を送っていたが、ポアロがフランスに付く前に何者かに背中を刺されて亡くなる。

 

・エロイーズ

ポールの妻。夫の亡骸を目撃した際に、気を失ってしまった。

 

・ジャック

ポールの息子。事件発生前、ポールから南米に行くように指示されていた。

 

・ゲイブリエル・ストーナー

ポールの秘書。

 

・マスターズ

ポールの運転手。

 

・フランソワーズ

ジュヌヴィエーヴ荘の家政婦。

 

・ドニーズ・ウラル

ジュヌヴィエーヴ荘のメイド。

 

・レオニー・ウラル

ジュヌヴィエーヴ荘のメイド。

 

・オーギュスト

ジュヌヴィエーヴ荘の庭師。

 

・マダム・ドーブル―ユ

マルグリット荘の女主人。

 

・マルト

マダム・ドーブル―ユの娘。

ジャックと結婚することを望んでいる。

 

・シンデレラ

ヘイスティングズがカレーからロンドンへの帰途で出会った謎の娘。

 

・デュラン

医師。遺体を見て死亡推定時刻などの情報をポアロたちに提供した。

 

・べー

警察署長。

 

・オート

予審判事。パリ警視庁の刑事であるジローのことを良く思っていない。

 

・ジロー

パリ警視庁の刑事。ポアロヘイスティングズ、予審判事のオートのことを良く思っていない。ポアロに対しては推理の火花を散らす。

 

 

感想(※ネタバレ含みます)

今回の作品はとにかくどんでん返しが多くて、終始ハラハラドキドキして読み進めることができました。

本作はルノー殺しが解決していない中で、納屋で正体不明の人物が亡くなっていることが判明するばかりか、過去の事件まで関係してきます。

そしてさらに混乱するのは、ルノー殺しの捜査中になかった遺体が納屋で見つかり、その人物の死亡推定時刻がルノーよりも早いということです。

つまり、ルノー殺しが第一の事件だとすれば、第二の事件が第一の事件の前に発生していたということになります。

さらには第一の事件が過去の事件と類似しているということでポアロがパリに出向いて確認したところ、ベロルディ事件と犯行手口や状況がそっくりだということがわかります。

そしてその事件に関係していた人物が今回の事件でも関わっていることが判明します。

ヘイスティングズはその人物を今回の事件の犯人だと推測しますが、ポアロは否定しました。

一体、ポアロは誰が今回の事件の犯人だと推測しているのか。

それが気になって気になって、どんどん読み進めて行ったのですが、事件は思わぬ方向に進んでいきます。それもポアロが意図しない方向に……。

そして、ヘイスティングズが今回、大失態を犯します。

ロンドンに帰る途中に出会ったシンデレラと自称している17歳の娘に事件現場を見せ、凶器であるナイフを何者かによって盗まれてしまいます。

さらに犯人と思しき人物に好意を寄せていたことから、逃走の手助けまでしてしまいます。

そのせいで、無実の人間が裁判にかけられてしまいました。

もしヘイスティングズが逃走の手助けをしていなければ、事件の真相はもっと早く明らかになっていたはずなのに。

感情でものを考えるとろくなことがないなと思ってしまいました。

しかし、最後の最後で大どんでん返しがありました。

まさか、あなたが犯人だったとは……!

そして犯行動機が明らかになったとき、犯人の本性が明らかになって恐ろしさを感じました。

 

最後に

今回は名探偵ポアロシリーズの2作目である『ゴルフ場殺人事件』の感想を書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

本作は様々な人の思惑が絡んでいて面白かったです。

そして最後までルノー殺しの犯人が確定しないというのも良かったです。

気になった方は読んでみてはいかがでしょうか。

 

以上、アガサ・クリスティーの『ゴルフ場殺人事件』の感想記事でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

☆宜しければ、記事に対する感想をコメントしていただけると嬉しいです☆

 

 

名探偵ポアロシリーズ3作目『アクロイド殺し』の感想記事はコチラ☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

僕のプロフィールについての記事はコチラ☟

nika-landmark.hatenablog.com