にかどくログ

読書中毒のサラリーマン。木・金曜日のどちらかに記事を投稿していきます。

心地の良い複雑さ。 ~麻見和史著『女神の骨格 警視庁殺人分析班」読了~

にかどくです。

 

今回は『女神の骨格 警視庁殺人分析班』を読了したので、こちらの感想を書いていきます。

本ブログで度々登場している警視庁殺人分析班シリーズの第6弾です。

 

女神の骨格 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)

 

 

著者紹介

本作の著者は麻見和史さんです。

1965年、千葉県生まれ。

2006年『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。

ドラマ化され人気を博した「警視庁殺人分析班」シリーズに『石の繭』『蟻の階段』『水晶の鼓動』『虚空の糸』『聖者の凶数』『女神の骨格』(本書)『蝶の力学』『雨色の仔羊』『奈落の偶像』『鷹の砦』『凪の残響』、「警視庁文書捜査官」シリーズに『警視庁文書捜査官』『永久囚人』『緋色のシグナル』『灰の轍』がある。

その他の著作に『水葬の迷宮 警視庁特捜7』『死者の盟約 警視庁特捜7』『深紅の断片 警防課救命チーム』など。

引用元:麻見和史著『女神の骨格 警視庁殺人分析班』(2016年/講談社/著者紹介より)

 

概要

空き家だった洋館で火災が発生。

鎮火後、殺人分析班の如月塔子は納戸の奥に隠し部屋があることを知る。

部屋には無数の蒐集品とともに、白骨化した遺体が布団に寝かされていた。

しかも人骨の頭部は男性、胴体は女性のものと判明する。

別の部屋からは血痕が。

複雑怪奇な難事件に推理捜査チームはどう挑むのか。

引用元:麻見和史著『女神の骨格 警視庁殺人分析班』(2016年/講談社/裏表紙より)

 

主な登場人物

・如月塔子(きさらぎ とうこ)

警視庁刑事部捜査1課殺人犯捜査11係の巡査部長で、26歳。

低身長で童顔であることから、職場では子ども扱いされる。

物事に根を詰めてしまうタイプで、危なっかしい場面がある。

事件の捜査中に誕生日を迎え、27歳に。

 

・鷹野秀昭(たかの ひであき)

警視庁刑事部捜査1課殺人犯捜査11係の警部補で主任。32歳。

塔子の教育係でもある。

100円ショップのアイデア商品の収集が趣味。

常にデジカメを持っており、現場や珍しいものを写真に収める記録魔。

 

・早瀬泰之(はやせ やすゆき)

警視庁刑事部捜査1課殺人犯捜査11係の係長。46歳。

捜査1課長の神谷と管理官の手代木と共に捜査指揮を行う。

胃薬を飲んでいる。

 

・門脇仁志(かどわき ひとし)

警視庁刑事部捜査1課殺人犯捜査11係の警部補で主任。37歳。

行動力には定評があるが、ときに強引な捜査を進めることがあることから、「ラッセル車」というあだ名がついている。捜査方針を巡って、手代木管理官としばしば衝突する。テレビ番組を調べるのが趣味。

 

・徳重英次(とくしげ えいじ)

警視庁刑事部捜査1課殺人犯捜査11係の巡査部長。53歳。

温厚な性格で且つ腹部がポッコリ出ているため、七福神の布袋さんのように見える。

インターネットの掲示板にアクセスすることが趣味。

 

・尾留川圭介(びるがわ けいすけ)

警視庁刑事部捜査1課殺人犯捜査11係の巡査部長。30歳。

お話し好きでお調子者。ホームステイをしたことがあるというだけで、帰国子女を自称している。

容姿が良いため女性警察官からは人気がある。

 

・手代木行雄(てしろぎ ゆきお)

警視庁刑事部捜査1課の管理官。細かいことを気にする性格で、門脇とは捜査方針で衝突している。

本作では捜査1課課長が別事件の捜査本部の指揮を執っているため、代理として捜査本部の指揮を執る。

 

・成瀬祐三(なるせ ゆうぞう)

火災が発生した空き家である洋館の持ち主で、現在行方不明。

空き家に残っていた白骨化遺体の頭部が後に成瀬のものだと特定される。

第1の事件である国分寺事件の被害者。

 

・古谷理恵子(ふるや りえこ)

元美術商で、現在行方不明。

行方不明になる前、成瀬祐三の洋館に出入りしていたことが確認されている。

洋館に残っていた白骨化遺体の胴体が古谷のものと推定される。

 

・緑川達彦(みどりかわ たつひこ)

飲食店チェーンの社員で、第2の事件である平井事件の被害者。

自宅近くの廃倉庫で、高所から転落して死亡した。

後に暴力団の下働きをしていたことが判明する。

 

豊崎英輔(とよざき えいすけ)

内装工事会社の社員で、第3の事件である経堂事件の被害者。

何者かによって首を紐で縛られて死亡した。

後に暴力団の下働きをしていたことが判明する。

 

・岡部祥一郎(おかべ しょういちろう)

パチプロ。第4の事件である府中事件の被害者。

塔子や鷹野が接触する前に、何者かによって腹部を刺される。

後にある人物に対して脅迫していたことや、緑川と豊崎を使って強盗事件を起こしていたことが判明する。

 

・北浜洋次(きたはま ようじ)

家具メーカーの社員で、古谷理恵子の婚約者。

突然消息を絶った古谷理恵子を独自に今でも探している。

 

・戸田靖江(とだ やすえ)

成瀬の同居人で家政婦。

洋館に残された白骨化遺体の胴体は後に戸田靖江のものと推定される。

 

・菅沼(すがぬま)

成瀬の洋館の近隣住民。

火災発生前に何者かが成瀬の洋館を出入りしていたことを目撃しており、それを塔子たちに伝える。

 

感想(※ネタバレ含みます。)

今回の事件はとにかく頭が混乱します。

まず本作の各章の冒頭部には、ある人物の日記が登場しています。

何となく本作の犯人っぽいなという雰囲気がバンバンしますし、ある人物を「ユミ」さんと書いています。

何が言いたいかというと、本作の一連の事件の犯人は男性という印象を良い意味で植え付けてくるのです。

 

さて、本作では事件が4つ起きています。

まず1つ目の事件は火災があった空き家から白骨化した遺体が見つかった国分寺事件です。

この事件で奇妙なことはこの白骨化した遺体の構成で、頭骨は男性、胴体は女性というものでした。

さらに空き家には隠し部屋があり、隠し部屋にはある部屋を覗くための覗き穴が設けられていました。

そのことから、警察は犯人が誰かを監禁していたのではないかという推測をします。

そして、空き家の所有者が行方不明となっている成瀬祐三であったことから、成瀬が犯人である説が濃厚でした。

では遺体は誰なのかというと、胴体部分については関係者の話から浮かんできた美術商で行方不明になっている古谷理恵子だと警察は推測しました。

つまり、成瀬が古谷を監禁・殺害し、遺体を空き家に放置したのではないかと推測したのです。

しかし、古谷の親族から提供してもらった試料と胴体部分の骨のDNAが一致せず、この推測は外れてしまいました。

2つ目の事件である平井事件、3つ目の経堂事件でも国分自事件で空き家に残されていた赤い仮面が残されていたため、犯人はすべての事件に関係しているということも警察は推測していました。

 

こう書くと行方不明になっている成瀬が一番怪しいと感じると思います。

事実、僕も犯人は成瀬だと思っていました。

しかし科捜研の技術によって、一連の事件の犯人がわからなくなってしまいます。

なんと、空き家に残されていた頭骨はき家の所有者である成瀬祐三のものだったのです。

ということは、胴体部分は成瀬の家政婦で同居人でもあった戸田靖江のものなのではないか。

そして2人を殺害したのは、行方不明になっている古谷理恵子ではないかと警察は新しい仮説を立てました。

 

でも、ここで「あれっ?」って僕は思いました。

日記を書いているのって、男性だよな……。

でも、本作に「ユミ」って呼ばれる人物はいないよな……。

要するに古谷理恵子が犯人ではないなと思いながらも、犯人が全然予測できないという状況に陥っていました。

 

あまり詳しく書いてしまうと、犯人を推測する面白味が無くなってしまうのでここで筆を止めます。

本作は今まで以上に複雑だったので誰が犯人なのかを知りたいと思い、ページを捲る手が止まりませんでした。

各々の事件現場に赤い仮面が残されていることから同一犯によるものだと思ってしまいますが、これもミスリードだと思います。

各章の冒頭部分の日記、そして赤い仮面は読者をミスリードさせるための仕掛けだと思います。

このミスリードに引っかかることなく、犯人を導き出した人は推理力が抜群に高いと思います。

(僕の推理力が極端に低いだけなのかもしれませんが……。)

 

最後に

今回は麻見和史さんの『女神の骨格 警視庁殺人分析班』の感想を書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

本作は新しい情報が入るたびに、犯人が誰なのか、白骨化した遺体の胴体部分が誰のものなのかの推測がコロコロと変わっていきます。

この新しい情報を得るたびに仮説が変わっていく感じは、心地良かったです。

そして最後まで読み進めると、一連の事件には悲しい真実が隠されていたことがわかります。

そんなことをされたら確かにそういう行動に走っても仕方が無いよねと理解しつつも、それを亡くなった人たちが望んでいるはずがないとも思いました。

殺人分析班シリーズの中で一番複雑だったのではないかと思いますが、本作も存分に楽しむことができたので大満足です。

 

以上、麻見和史さんの『女神の骨格 警視庁殺人分析班』の感想記事でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

☆宜しければ、記事に対する感想をコメントしていただけると嬉しいです☆

 

 

『石の繭 警視庁殺人分析班』の感想記事☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

『蟻の階段 警視庁殺人分析班』の感想記事☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

『水晶の鼓動 警視庁殺人分析班』の感想記事☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

『虚空の糸 警視庁殺人分析班』の感想記事☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

『聖者の凶数 警視庁殺人分析班』の感想記事☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

『蝶の力学 警視庁殺人分析班』の感想記事☟

nika-landmark.hatenablog.com

 

僕のプロフィールについての記事☟

nika-landmark.hatenablog.com