にかどくログ

読書中毒のサラリーマン。木・金曜日のどちらかに記事を投稿していきます。

自分の強みを知る重要性 ~森岡毅著『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』読了~

にかどくです。

 

今回は『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』を読了したので、こちらの感想記事を書いていきます。

 

苦しかったときの話をしようか

 

 

著者紹介

本書の著者は森岡毅さんです。

戦略家・マーケター。

高等数学を用いた独自の戦略理論、革新的なアイデアを生み出すノウハウ、マーケティング理論等、一連の暗黙知であったマーケティングノウハウを形式知化し「森岡メソッド」を開発。

経営危機にあったUSJに導入し、わずか数年で劇的に経営再建した。

 

1972年生まれ。神戸大学経営学部卒。1996年、P&G入社。

日本ヴイダルサスーン、北米パンテーンのブランドマネージャー、ウエラジャパン副代表等を経て2010年にユー・エス・ジェイ入社。

革新的なアイデアを次々投入し、窮地にあったUSJをV字回復させる。

2012年より同社チーフ・マーケティング・オフィサー、執行役員マーケティング本部長。

2017年にUSJを退社し、マーケティング精鋭集団「刀」を設立。

マーケティングで日本を元気に」という大義の下、数々のプロジェクトを推進。USJ時代に断念した沖縄テーマパーク構想に再び着手し注目を集める。 

 

森岡毅著『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』

(2019年/ダイヤモンド社/著者紹介)

 

概要

本書は、就活を控えた著者の娘に書きためたものを書籍化したものです。

自分の強みを知るための分析方法や、どこの会社でも通用する人間になるためにはどのようなことを意識していけば良いのかを解説しています。

 

感想

「やりたいことがない」場合、どのような点に考慮して就職活動や転職活動を行っていけば良いのかを明らかにしてくれた一冊だと僕は思いました。

なぜ「やりたいことがない」という問題が発生してしまうのかというと、森岡さん曰く「自分のことをよく知らない」からです。

おそらく自分がどのような人間なのかを常日頃から考えている人は少ないと思いますし、学校でもそういう時間を取ることはほとんどありません。

だから文系か理系かを選ぶ際、「自分がしたいことを実現するために」どちらかを選択するのではなく、「どちらの方が出来が良いか」で選択を決めてしまうのです。

僕も文理選択は最終的には「どちらの方が良い成績が取れるのか」で判断して文系を選択していました。

 

そして自分のことを知るためには、「自己分析」が極めて重要だということを改めて認識しました。

「自己分析」を行うことで自分にどんな強みや弱みを持っているのかが分かりますし、どのような職業に就いたら自分の強みを活かすことができるのかを検討することができるからです。

 

自分の強みを知るためには、好きなことを動詞としてピックアップしていくことが大切です。そして重複している動詞こそが、その人にとっての強みなのです。

そして自己分析をする中で出てきた動詞を仕分けることで、強みが可視化されるそうです。

「自己分析」とは結構面倒な作業ですが、これをしっかりとしておかないと自分の強みを活かした職業に就くことができません。

だから就職活動や転職活動を行う方には、じっくりと時間をかけて「自己分析」をしていただきたいなと思いましたし、僕も「自己分析」をしていこうと思いました。

 

そしてキャリアの目的を仮説でも良いから立てることが大切だとも森岡さんは述べています。

キャリアの目的を持っておくことで、自分がどんなことをしていかなければならないのかが明確になり、それに向かって前進し続けることができるからです。

だから、10年後や20年後の自分を想像しておくことも極めて重要だということも再認識しました。

 

これから就職活動を控えている方や転職活動を控えている方には、是非読んでいただきたい一冊だと思いました。

 

最後に

今回は森岡毅さんの『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』の感想記事を書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

世の中にはたくさんの会社や職業があるので、世の中をあまり知らない学生さんたちにとって「就職活動」というのはとても厄介な問題かと思います。

しかし、本書を読めばどういう視点で職業を選んでいけば良いのかが明確になると思うので、気になった方は是非本書をチェックしてみて欲しいと思います。

 

以上、森岡毅さんの『苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」』の感想記事でした。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

苦しかったときの話をしようか

苦しかったときの話をしようか

 

 

☆宜しければ、記事に対する感想をコメントしていただけると嬉しいです☆

 

就活・転職に役立ちそうな書籍を参考として挙げます☟

 

nika-landmark.hatenablog.com

 

 

 僕のプロフィールについての記事☟

nika-landmark.hatenablog.com