にかどくログ

読書中毒のサラリーマン。木・金曜日のどちらかに記事を投稿していきます。

最初の90分間がとても大切。 ~西野精治著『スタンフォード式最高の睡眠』読了~

にかどくです。

 

今回は『スタンフォード式最高の睡眠』を読了したので、こちらの感想を書いていきます。

 

スタンフォード式 最高の睡眠

 

著者紹介

本書の著者は西野精治さんです。

スタンフォード大学医学部精神科教授、同大学睡眠生体リズム研究所(SCNラボ)所長。医師、医学博士。

1955年大阪府出身。1987年、当時在籍していた大阪医科大学大学院からスタンフォード大学医学部精神学科睡眠研究所に留学。突然眠りに落ちてしまう仮眠症「ナルコプレシー」の原因究明に全力を注ぐ。

1999年に犬の家族性ナルコプレシーにおける原因遺伝子を発見し、翌2000年にはグループの中心としてヒトのナルコプレシーの主たる発生メカニズムを突き止めた。

2005年にSCNラボの所長に就任。睡眠・隔世のメカニズムを、分子・遺伝子レベルから個体レベルまでの幅広い視野で研究している。

「睡眠の謎を解き明かして社会に還元する」を命題としており、多くのアスリートから指示されている「エアウィーヴ」の開発研究にも携わった。

2016年4月より一般社団法人良質睡眠研究機構の代表理事に就任。科学分野の人材育成への思いから、大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎北米支部同窓会会長も務めている。

本書が日本語での初著書になる。

1963年にウィリアム・C・デメント博士により創設された「スタンフォード大学睡眠研究所」は、世界の睡眠医学を牽引しており、数多くの睡眠研究車を輩出していることから「世界最高の睡眠研究機関」と呼ばれている。

引用元:西野精治著『スタンフォード式最高の睡眠』(2017年/サンマーク出版/カバー袖より)

 

感想

本書を読んで睡眠に関する知識を得ることができて良かったと思いました。

ここ最近仕事が忙しく、睡眠時間を6時間以上確保できるのは休日ぐらいでした。

だから休日には睡眠負債を返済するべく、8時間以上眠っていることがあったのですが、本書を読んでその行動にあまり意味がないことがわかりました。

 

健康な10人の人を14時間無理やりベッドに入れた調査が本書では紹介されているのですが、1日~2日目にかけては13時間ぐらい眠ったそうです。

しかし、3日目以降からは睡眠時間がどんどん短くなっていったそうです。

3週間後には睡眠時間は平均8.2時間に固定されたのですが、実験前の睡眠時間の平均は7.5時間で、この10人は毎日40分の睡眠負債を抱えていたことがわかります。

つまり、40分の睡眠負債を返済するためには毎日14時間ベッドにいるのを3週間も続けなければならないということです。

だから残念ながらいくら休日に寝だめをしようとしても、睡眠負債は全く返済できないということがわかりました。

 

しかし、睡眠で大事なのはどれだけ寝たかではないことも本書で解説しています。

最高の睡眠をとるために大事なことは眠り始めの90分間だそうです。

この90分で眠りの質の善し悪しが決まります。

良い睡眠の鍵となるのは「体温」と「脳」です。

睡眠時に手足の温度(皮膚温度)を上げ、体の内部の体温(深部体温)を下げることでスムーズな睡眠に入れるそうです。

また脳が興奮状態になっていると体温も下がりにくいそうなので、いかに脳を興奮させないかにも注意しなければなりません。

眠る前にスマートフォンやパソコンを使っていると目が冴えてしまうから良くないと言われますが、脳を働かせてしまうから良くないんだと思いました。

もし質の良い睡眠を取りたいのであれば、この行動はやめた方が良いです。

本書ではどうすれば質の良い睡眠を取れるようになるのかまで解説されているので、睡眠で悩んでいる方にはおススメできます。

 

質の良い睡眠≠長時間眠ることだということがわかっただけでも、僕にとってはかなり大きな収穫でしたし、いかに睡眠の質を下げないようにするかを気にするようになりました。

 

最後に

今回は西野精治さんの『スタンフォード式最高の睡眠』の感想を書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

14時間ベッドに入ることを3週間続けても睡眠負債は40分しか返済できないという事実は衝撃的でしたしが、睡眠に関する正しい知識を知ることができたのがとても良かったです。

睡眠で悩んでいる方には、本書を読んで正しい知識を身に付けて欲しいなと思いました。

 

以上、西野精治さんの『スタンフォード式最高の睡眠』の感想でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

☆宜しければ、記事に対する感想をコメントしていただけると嬉しいです☆

 

 

僕についてのプロフィールはコチラ☟

nika-landmark.hatenablog.com