にかどくログ

読書中毒のサラリーマン。木・金曜日のどちらかに記事を投稿していきます。

いろんなことでドタバタしてます。~村山由佳著『おいしいコーヒーのいれ方Ⅱ 僕らの夏』読了~

にかどくです。

 

今回は『おいしいコーヒーのいれ方Ⅱ 僕らの夏』を読了したので、こちらの感想を書いていきます。

 

僕らの夏 おいしいコーヒーのいれ方 II (集英社文庫)

 

 

著者紹介

本作の著者は村山由佳(むらやま ゆか)さんです。

1964年7月東京都生まれ。立教大学文学部卒。
会社勤務などを経て、93年『天使の卵―エンジェルス・エッグ』で第6回小説すばる新人賞を受賞。 
2003年『星々の舟』で第129回直木賞を受賞。
09年『ダブル・ファンタジー』で第22回柴田錬三郎賞、第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞を受賞
(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 明日の約束 おいしいコーヒーの入れ方 SECOND SEASON 2 (ISBN-13: 978-4087465754 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)

引用元:僕らの夏 おいしいコーヒーのいれ方集英社文庫)|村山由佳|日本の小説・文芸|Amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CHIMK9W?notRedirectToSDP=1&ref_=dbs_mng_calw_1&storeType=ebooks、著者について、最終確認日:2021/11/12 15:42)

 

あらすじ

5歳年上のいとこのかれんとその弟の丈と同居して1年。
大学生になった勝利の毎日は不安と焦りでいっぱい。
恋人でもあるかれんとの仲が、なかなか進展しないからだ。
ファースト・キスを交わしたけれど、かれんは本当に僕のことを好きなのだろうか?
強力なライバルの出現、そして大学での新たな人間関係と、勝利の心は休まる暇もない。
シリーズ第二弾。
かれんと勝利、ふたりの夏がはじまる。 
--このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

引用元:僕らの夏 おいしいコーヒーのいれ方集英社文庫)|村山由佳|日本の小説・文芸|Amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CHIMK9W?notRedirectToSDP=1&ref_=dbs_mng_calw_1&storeType=ebooks、商品の説明ー内容(「BOOK」データベースより)、最終確認日:2021/11/12 15:42)

 

登場人物

登場人物について自分なりにざっくりとまとめてみました。

 

・和泉勝利(いずみ かつとし)

大学1年生で陸上部員。

父親の転勤により、いとこ姉弟のかれんと丈と一緒に過ごすことになる。

父親と二人暮らしであったことから家事を一通りこなすことができる。

前作でかれんに告白し、見事恋人となった。

 

・花村かれん(はなむら かれん)

光が丘西高の美術科教師。

おっとりした性格をしている。

前作にて勝利の告白を受け入れ、彼とは恋人関係となった。

 

・花村丈(はなむら じょう)

中学3年生で、かれんの弟。

野球がうまいが、中学では陸上部に所属している。

 

・花村佐恵子(はなむら さえこ)

かれんと丈の母親で、勝利の叔母。

夫のロンドン転勤に同伴したが、一時帰国した。

 

・マスター

茶店「風見鶏」の店主。

街の少年野球の監督をしていた。

店のコーヒーにはこだわりがあるため、バイトを雇っていない。

 

・石原京子(いしはら きょうこ)

丈の女友達。少々気が強い。

マスターに好意を寄せている。

 

・中沢博巳(なかざわ ひろみ)

マスターの大学時代の後輩で、かれんの同僚の教師。

担当科目は英語。

ある理由で海外に6年滞在していた。

かれんに一目惚れしており、勝利は恋敵にあたる。

 

・星野りつ子(ほしの りつこ)

勝利の通っている大学の友人。

勝利に恋心を抱いている。

陸上部のマネージャー探しに勝利が悩んでいる中、マネージャーになることを決めた。

茶店「風見鶏」の近くにあるレンタルビデオ店でアルバイトをしている。

 

・原田政志(はらだ まさし)

勝利が所属している陸上部の先輩。

ネアンデルタール人と呼ばれている。

 

感想(※ネタバレ含みます)

前作で勝利とかれんは見事に恋人関係になったのですが、またまた問題が出てきました。

それは、かれんの母親である佐恵子がイギリスから一時帰国をしたことです。

佐恵子が一時帰国するということは、ロンドンに戻るまでは自宅に滞在するということを意味します。

勝利とかれんがただのいとこという関係であるならば、佐恵子が戻ってきたとしても何も問題はありません。

しかし、恋人関係になっているとなると話は別です。

お互いが必要以上に関わっていると「異性として接しているのではないか?」と佐恵子に勘付かれてしまうおそれがあるからです。

 

だから佐恵子がいるとき、勝利がかれんの部屋を訪れるのを避けていました。

たとえ見つかったとしても適当な理由を付けて、部屋を訪れたことを正当化していました。

恋心を親に悟られないように振る舞う必死感が勝利から伝わってきてなかなか面白かったです。

もし自分が勝利のような立場だったとしたら、僕は隠さないと思います。

というよりかは、感情がすぐに表に出てしまうタイプなので「隠せない」が言葉的にはピッタリだと思います。

 

あとは勝利が丈に頼まれてあるビデオをレンタルしますが、それを星野りつ子に目撃されてしまう場面も面白かったです。

友人にプライベートを目撃されるのはなかなか恥ずかしいものです。

僕は知り合いにプライベートを目撃されたくないので、出先で知り合いを見つけてしまったら、すぐに帰ります。

目的が達成できなくても帰ります。

知り合いがもし自分を見つけてしまったら、どこかに遊びに行こうとか誘われてしまう可能性があるかもしれないからです。

「どこかに行って遊びたい」と思っていたら嬉しいのですが、そんな気分ではないときに誘われても楽しむことはできないし、楽しくないと思っている自分を相手に見せてしまうのも失礼だと思うからです。

と、こんな最もらしいことを言っていますが、プライベートな時間に知り合いに見つかってどこかに遊びに行ったという経験は一切ありません。

(そもそも遊びたいなら、事前に誘ってるか。)

 

そして今回はかれんにも恋のライバルが現れます。

それが、前述した星野りつ子です。

彼女は勝利の大学での友人ですが、明らかに勝利に恋心を抱いているということがわかります。

そうじゃなきゃ、陸上部のマネージャーになるという決断をすぐにしないような気がするのです。

マネージャーの仕事って結構面倒なことばかりですからね。

 

彼女が勝利とかれんの関係にどのような影響を与えていくのか、とても楽しみです。

かれんは今まで以上に勝利に積極的になるかもしれませんね。

 

最後に

今回は村山由佳さんの『おいしいコーヒーのいれ方Ⅱ 僕らの夏』の感想を書いていきましたが、いかがだったでしょうか。

本作では勝利とかれんの関係が一時的に冷え込む場面が出てきますが、その原因となったのは勝利のある行動です。

その行動に馬鹿だなと思ったものの、男としては理解できるなとも思いました。

馬鹿な真似をしないように僕も気を付けたいなと思います。

 

以上、村山由佳さんの『おいしいコーヒーのいれ方Ⅱ 僕らの夏』の感想でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

☆宜しければ、記事に対する感想をコメントしていただけると嬉しいです☆

 

 

 

僕のプロフィールについての記事はこちら☟

nika-landmark.hatenablog.com