にかどくログ

読書中毒のサラリーマン。木・金曜日のどちらかに記事を投稿していきます。

【伊坂幸太郎/砂漠】読了!

みなさん、こんばんは! 

 

伊坂幸太郎さんの『砂漠』を読み終えたので、

感想をこれから書こうと思います。

 

ブログで感想を書くのは初めての試みなので、

至らない所があるかと思いますが、

優しい目で読んでいただけたら幸いです。

 

僕が読んだのは実業之日本社さんから出版されている文庫です。

 

砂漠 (実業之日本社文庫)

砂漠 (実業之日本社文庫)

 

 

砂漠 (新潮文庫)

砂漠 (新潮文庫)

 

新潮社さんから出版されている文庫もありましたが、

カバーに惹かれたので実業之日本社さんのものを手に取りました。

 

主な登場人物は、何事にも冷めた性格の北村、

ヤマセミのような髪型をしている鳥井、

強い正義感を持つ西嶋、大学一の美女であるクールな東堂、

控え目な性格で超能力を持つ南の4人です。

みんな国立大学の法学部に通っているということなので、

かなり勉強したんだなと感心してしまいました。

 

そんなことは置いておいて。

一人一人のキャラクターが際立っていて、

どの章にも全く飽きがありませんでした。

 

この登場人物たちの中で、僕が好きなのは西嶋です。

彼はボウリングが下手くそなんです。

大学のボウリング大会では笑われていたのですが、

ボウリングができなかった自分自身が悔しかったらしく

人知れずボウリングの練習を一人で、

しかも教本まで買って練習しているんです。

でも、練習のときはストライクは1本も出せなかったんですけどね。

 

ただ、そんな西嶋がある場面で活躍するのを見て、

僕はかなり嬉しかったです。

叫びそうになりました。

 

やっぱり努力ってしておくべきもので、

何に対しても一生懸命に取り組むというのは、

大事なんだなって思いました。

 

物語は「春」「夏」「秋」「冬」「春」の5編からなっていますが、

どれも大学生だからこそ味わえる青春です。

大学生だからこそできる青春を味わいたい・思い出したい方は

是非読んでみてください!

 

拙い感想でしたが、最後までご覧いただき

ありがとうございました。